ヤマニンゼファー、5歳〜引退まで

1993年緒戦のGIIマイラーズカップはニシノフラワーにまたしても敗れ2着。
自身にとっては最後の関西への輸送競馬となりました(ヤマニンゼファーを管理した栗田博憲調教師は、ヤマニンゼファーは輸送競馬が苦手だったと後に語っています)。

中1週で挑んだGII中山記念では、初経験の1800mをムービースターの4着。
そして次走、昨年3着の京王杯スプリングカップで約1年ぶりに勝つと、その勢いでこの年外国馬に開放された安田記念を昨年に続いて快勝。
ちなみに安田記念連覇はグレード制になってからは史上初でした。

1993年後半はマイルチャンピオンシップ勝利による春秋マイル戦制覇ではなく、父ニホンピロウイナーが3着に敗れたGI天皇賞(秋)を目標にしました。

GII毎日王冠ではシンコウラブリイの6着に敗れ(ヤマニンゼファーは条件戦を含め、休み明けは全敗)、挑む事となった秋の天皇賞。
初経験の2000mの競馬、前走毎日王冠での敗戦により人気は低かったのですが、当時の古馬中長距離路線の主役級の故障や不調(メジロマックイーンは故障→引退、トウカイテイオーは故障休養中、メジロパーマーは極度の不振→回避、ライスシャワーは極度の不振ながら出走〈6着〉)もあり、低評価をあざ笑うかのようにセキテイリュウオーとの叩き合いの末、ハナ差で勝利。

その後は引退レースとして前2年敗れているスプリンターズステークスに挑みました。
しかし、本格化した生粋のスプリンター・サクラバクシンオーと相手が悪く、2着に敗れてしまいました。

そして1993年のJRA賞最優秀5歳以上牡馬(旧称。現在のJRA賞最優秀4歳以上牡馬)、JRA賞最優秀短距離馬、JRA賞最優秀父内国産馬の勲章を手に引退しました。

なお、同年のタイトルを2つ、しかもそのうちの1つは八大競走のひとつである天皇賞(秋)を取ったにもかかわらず、年度代表馬の座は4歳限定のGI一勝のビワハヤヒデになったことで、大川慶次郎氏等選考に異議を唱える関係者、ファンも少なくなかったのは事実です。


posted by 競馬 at 01:19 | サラブレッド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。